2013年06月02日

やっと元気になってきましたー

早めの梅雨に突入しましたが皆さんお元気でしょうか。
雨もいいよね。雨がシトシトっなんて表現すごい、日本人てロマンチストだわ。

ブログ3ヶ月もあけたの初めて!でもマイペースはいつもの事ですけどね。


最近あった出来事はとてもいい経験でしたので女性や誰かのお役に立つ事を祈って書こうと思います。


産後何だか調子が悪かったのは確かですが、なかなか皆こんなもんだろうとSOSを出しづらい時期ではありますよね。
そしたら1ヶ月検診で卵巣嚢腫が見つかり、もう結構な大きさでしたのですぐ手術ねっとなりまして
しばし入院〜手術となりました。

女性特有の病気は気にしなければいけないお年頃と思ってはいたのですが、その日は梅雨のごとく突然にやって来まして、産後間もなくなのでえーって感じでチビの事他色々心配でしたが、まぁ色々バタつきながら何とか何とかなりましたよ。

手術は成功したので悪いところはしっかり取って貰い安心していましたが、どうやら様子がおかしく術後ひどい吐き気と頭痛で首も動かせずにいまして、廊下で倒れてしまったりあれあれって感じでした。

帝王切開や外科の手術時、脊髄麻酔の副作用で髄液は皆多少漏れるので頭痛や吐き気があるようですが、私はどうやらまれなケース(運が悪いと言われましたが・・・)とのことで1ヶ月間戦いました。というか今も若干残ってますが、だいぶいいですよ。

まるでウルトラマンの様に起きてるとすぐ吐き気や頭痛に見舞われ横になると治るという、髄液漏れによる起立性頭痛というものですが、
脊髄麻酔の時の注射の穴から髄液が漏れ出しているので、脊髄の中の圧が下がり首や後頭部に痛みが走るというものです。

勉強になりましたが人間の脳みそはその髄液の中にぷかぷか浮いているイメージらしく、髄液が漏れると圧が下がるので脳みそが下に引っ張られ、痛みが出るという仕組みのようです。
しかし横になると髄液が循環してくれるようなのでいきなり楽になるのだそうです。

それでこれを治す方法はまず水分沢山とってひたすら横になって安静にするしかないとの事なので、私は強引に退院して自宅療養に切り替えました。


子育てでそうそうずっと寝ていられませんから、小刻みに起きては頭痛がきたら寝て起きては寝ての繰り返しの日々でしたが、日に日に起きていられる時間は長くなり、今では少しの休憩で1日起きていられますし、よしそろそろブログでもという余裕すら出て来ましたので(笑)大丈夫です。

麻酔による漏れの場合はいつか治るとは聞いたのですが、
このまま穴が塞がらず、髄液が漏れっぱなしだと治すのにブラッドパッチという自分の血液で穴を塞ぐというまだまだ危うい手術もあります。私は今のところ考えていません。万が一良くないときは考えようかと。


調べましたところ交通事故や、スポーツ、麻酔などにて髄液漏れで苦しんでいる方が世の中にはいるようで
自分の経験から色々知る事が出来ました。仕事、生活に支障が出ますもんね。

理由もわからずで苦しんでいる方もいる様ですので、治らない頭痛なんかやらもし心あたりがある人は疑ってみたりぜひ参考にして頂けたらと思います。(お医者さんじゃないのに大変お節介な話ですが)


私妊娠中からお腹がなんとなく痛かったのですが、たまたま子供の影で腫瘍がエコーに写らず理由がわからなかったのと、女の人はこんなもんだろうと、痛みは当たり前だろうと思っていましたのでそんなに先生に主張しなかったんですよね〜。

もしこれから妊娠出産をされる予定がある方、何かおかしいなって思ったら我慢せずになんでも言っていいと思いますよ!

産後も家族にすらSOSは出しづらいもの。昔からこうやって女の人は耐えてきたんだから、なんて根性で皆思うもんです。
でも無理をすると人によっては大きな病気に成りかねないし、心の病だって意外とすぐなってしまうものです。私だって産後鬱になりました。
いくら子供がかわいくても関係なく人間なんて普通にそんなもんでしょうきっと。

きっと社会に頼って、甘える時も必要です。国が手を差し伸べている事も多々ありますし、活用しながらでもいいじゃないですか。って辛いよーって人がいたらめっちゃ言いたい。



産後子育て中に今回のことはもちろん地獄でしたけど(笑)沢山のことを考えて、大切なものを確認出来、生きていられることにひたすら感謝する時間をまたもらえました。

周りで支えてくれた友人や家族にとにかく感謝しています。

男女関係なく私と同じお年頃の皆さんもお体大切にね。
油断禁物!←切実


歌でも歌って元気ださなきゃな!










posted by megumoon at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68716939

この記事へのトラックバック