2013年08月17日

お盆こ盆

皆さんお盆で田舎があったりなかったり、帰ったり帰んなかったりしていますか〜。
避暑地と言われてるところも、もうどこも暑いからね。


もはやポカリ、OS-1など飲んで気をつけてね。(アルコールは出ちゃうから水分として考えちゃダメよそこのお兄さん!)


8月6日広島原爆投下、8月9日長崎原爆投下、8月15日終戦、1945年から2013年までの68年間で世界は日本は沢山の変化がありましたね。

毎年思うことだけど、日本のあんだけの戦争が意外と最近までだったってこと。

小学生の頃自由時間によく図書室の戦争資料を見ていたな。
だってリアルじゃない私には知らなくて怖すぎたから、パンドラの箱は自分で開けないと開かなかったからね。でも本当に怖かった。

今まさに争ってる国がありますが
祈るだけでは足りないし、ただ心で反対しても届かないし、行動・・・何が有効なんだろう、現実で埋もれる毎日の自分でもできることはなんだろう・・・

私たちは子供の世代未来の先まで、ひたすらまずは忘れず考え続けることが大事なんでしょうかね。
しったかぶらずにプライド捨てて知る学ぶ考える。これでしょうか。


これ言うと皆笑いますが真面目に思うんです。

結局勝つか負けるかなんだからもうじゃんけんでいいじゃん!て。

自国の凄さを見せつけたいならじゃんけんに勝つ訓練でもしたらどうかと思ってしまいます。

それでアトクサレなしみたいな。←ここが一番大事。

あんなに沢山の人間〜生物、自然を殺して壊してまで勝つか負けるかしなくてもいいのに。
効率が悪い。

人間とはそういう生き物だと言われると悲しすぎるけど。


すいません小学生並のこと言って。

でもわかってます、沢山複雑な事が混ざり合ってる世界だって。

人間の感情という奴はそうはいかぬものなんでしょうね。
ひどい事をされて憎かったりどうしても譲れぬプライドだったり。
どうしても欲しかったり。

これってすぐそばでもあることですもん。

戦争は規模は大きくてちょっと遠い話っぽいかもしれませんが、私たち社会の中でも小さい戦争がありますよね。
ようはその一つ一つが大きな戦争になってるわけですもんね。
ようは人ひとりひとりの心の中から戦争は産まれるわけですもんね。

沢山の思いやり=想像力で
やはりまだまだ考えて生きていかなければいけませんね。

子供にうまく伝えられるかな?
うまくなくてもいいか、一生懸命伝えなきゃね。

あくまでも持論ですが声に出す勇気が大切かと、
今年も勇気を出してみました。



最近のわたくしは曲作りなども始めました。
歌いたいとも思いますよ。
でもまだ爆発する程ではなくて。

まあいつになるかわかりませんが、出来るだけあるがままに。
いつも何かには一生懸命でありたいですけどね。

仲良しのおばちゃんが夏野菜などを沢山送ってくれまして、ありがたく精をつけて元気出してます。


寝返りを始めた我が子はどんな人生を送るのだろうか。
オムツで大きなお尻を見てると笑顔がこぼれます。

ふと思う暑い今日この頃です。

130816_133836.jpg

130806_123033.jpg
posted by megumoon at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72621098

この記事へのトラックバック